仙谷由人(せんごくよしと)の死因や経歴は!?原因はタバコ!?真相がヤバすぎ

ニュース
スポンサーリンク

 

民主党政権当時の内閣で官房長官を務める仙谷由人(せんごくよしと)が肺がんのために亡くなりました。

 

年齢は72歳でした。

 

今回は仙谷由人(せんごくよしと)の死因や経歴、亡くなることになった原因について調べていきます。

 

スポンサーリンク

仙谷由人(せんごくよしと)の死因は?

 

仙谷由人(せんごくよしと)が72歳の若さで11日に帰らぬ人となりました。

 

死因は肺がんだそうです。

 

民主党政権当時の菅内閣で官房長官を務めるなど、要職を歴任してきた仙谷由人氏が11日に肺がんのため、亡くなっていたことが分かりました。72歳でした。

 

 仙谷氏は弁護士を経て、1990年に社会党から衆議院選挙に出馬して初当選しました。1度の落選を経た後、1996年の選挙では新しくできた民主党から出馬して当選。以降、5期連続で当選を果たしました。2002年には胃がんで入院して手術しましたが、2009年に民主党政権が発足すると、鳩山内閣のもとで行政刷新担当大臣に任命されました。2010年の菅内閣では官房長官に就任し、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船と衝突した事件の際には水面下で法務省などに船長の釈放を働き掛けるなど、「陰の総理」と呼ばれるほどの政治力を発揮しました。その後、民主党の代表代行や副代表を担当した後、2012年の衆議院選挙で落選して引退していました。葬儀はすでに家族で済ませていて、後日、お別れの会が催されるということです。

テレ朝ニュースから引用

 

肺がんで事はタバコの吸い過ぎやお酒の飲み過ぎで起きる病気ですよね。

 

ただ72歳なので何が原因なのか特定は難しいかもしれませんね。

 

では仙谷由人のプロフィールについてみていきましょう。

スポンサーリンク

仙谷由人(せんごくよしと)のプロフィール

 

テレ朝ニュースから引用

 

仙谷由人のプロフィールがこちらになります。

 

名前:仙谷由人(せんごくよしと)

生年月日:1946年1月15日

職業:日本の政治家、弁護士

出身:徳島県徳島市

 

となっています。

 

仙谷由人は徳島県立城南高等学校を卒業し、東京大学法学部を中退しています。

 

なぜ中退したのか気になりますが仙谷由人の経歴についてみていきましょう。

 

仙谷由人(せんごくよしと)の経歴は?

 

こちらが仙谷由人の経歴になります。

 

1964年  4月 東京大学教養学部文科Ⅰ類入学

1966年  4月 東京大学法学部進学

1968年 10月 東京大学在学中に司法試験に合格

1969年 東京大学法学部 中退

1971年 4月~ 司法修習終了 弁護士活動開始

1990年  2月 衆議院選挙初出馬・当選

1993年  7月 衆議院選挙再出馬・次点

1996年 10月 衆議院選挙徳島1区・当選

1996年 11月 民主党政策調査会長

1997年  9月 民主党幹事長代理

1998年  4月 筆頭副幹事長

1999年 10月 民主党企画局長

2000年  6月 衆議院選挙徳島1区・当選

2000年  6月 民主党企画委員長

2001年  9月 民主党中国四国九州ブロック担当

2002年  6月 民主党第2次政権運営委員会 座長

2002年 10月 民主党憲法調査会 会長

2002年 10月 衆議院憲法調査会 会長代理

2002年 12月 民主党「次の内閣」経済財政担当大臣・経済戦略会議座長

2003年  3月 民主党宗教と政治を考える会会長

2003年  4月 民主党政権準備委員会委員長

2003年 11月 衆議院選挙徳島1区 当選

2003年 12月 民主党団体交流委員長、民主党憲法調査会会長

2004年  5月 民主党政策調査会長

2004年  5月 民主党「次の内閣」官房長官

2005年  4月 年金改革両院合同会議 会長代理に就任

2005年  9月 衆議院選挙徳島1区 当選

2005年  9月 民主党NC 厚生労働大臣に就任

2005年  9月 民主党シンクタンク設立準備委員会委員長に就任

2005年 12月 「公共政策プラットホーム」代表理事に就任

2006年  3月 民主党幹事長代理に就任

2006年  9月 衆議院決算行政監視委員長に就任

2007年  9月 衆議院議院運営委員会理事に就任

2008年  2月 医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟会長代行に

2008年 12月 衆議院消費者問題に関する特別委員会 筆頭理事に就任

2009年  1月 衆議院予算委員会 委員

2009年  8月 衆議院選挙徳島1区 当選

2009年  9月 内閣府特命担当大臣(行政刷新)公務員制度改革担当大臣(鳩山内閣)

2010年  1月 国家戦略担当(鳩山内閣)

2010年  2月 内閣府特命担当大臣(「新しい公共」)(鳩山内閣)

2010年  6月 内閣官房長官(菅内閣)

2010年  9月 内閣官房長官(菅改造内閣)

2010年 11月 法務大臣、拉致問題担当(菅改造内閣)

官僚名簿から引用

 

素晴らしい経歴ですね。

 

仙谷由人は弁護士から政界入りをしたそうですね。

 

弁護士時代も労組事件や日本教職員組合関連の案件を扱い、かなり活躍をされていたそうです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は仙谷由人さんが肺がんで亡くなったことに対してや経歴、プロフィールを見てきました。

 

がんは今でも2人に1人がかかって亡くなると言われている病気であり、医療業界が進歩しているとは言え、まだまだ助かるのが難しいのが現状ですよね。

 

肺がんの原因はタバコやお酒などと言われているのでなるべく控えていつまでも健康的な身体でいたいですね。

 

あなたにおすすめの記事はコチラです。

江口大和(えぐちやまと)弁護士(石川法律事務所)の顔画像や経歴や動機は!?

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
噂と裏情報の極み

コメント