大阪万博2025はいつ?開催場所や期間、批判も!

ニュース
スポンサーリンク

日本時間24日末明に2025年の万博は大阪で開催されることがパリで開かれていたBIEの総会で決まりました。

 

ロシア・エカテリンブルクとアゼルバイジャン・バクーとの三つ巴の戦いで大阪は156か国の投票のうち85票を集めましたが3分の2の得票に達せず、エカテリンブルクとの決選投票となって最終的には大阪が過半数の92票を得て開催地に選ばれました。

 

大規模な国際博覧会としては2005年に愛知で開かれた「愛・地球博」以来の20年ぶりで大阪での万博は1970年以来実に55年ぶりとなります。

 

今回は大阪万博2025はいつに開催されて開催場所はどこなのか調べていきます。

 

スポンサーリンク

大阪万博2025の開催場所はUSJの近く

 

 

大阪万博2025の開催場所はメイン会場である夢豊洲後かうであるユニバーサルスタジオジャパンからとても近い場所になります。

 

 

 

また大阪万博2025の経済効果はなんと2兆円となり、2018年に大災害にあった西日本にとってはかなり大きな事ですよね。

 

これで被害に遭われた場所は復興するといいですね。

 

では肝心の開催期間はいつなのでしょうか?

スポンサーリンク

大阪万博2025の開催期間は?

 

具体的な大阪万博2025の開催期間は2025年5月3日から11月3日までの計185日間となります。

 

半年に渡り開催を予定していて2800万人の来場を見込んでいるそうです。

 

ぜひ1度足を運んでみたいですね。

 

大阪万博2025の反対の声や批判は?

 

大阪万博2025の反対の声や批判としては多額の税金が投入され、USJ付近は常に混雑している可能性があるのでそこらへんの対応をどのようにしていくかなのかもしれませんね。

 

ネットの声は?

 

では実際にネットの声を見ていきましょう。

 

EXPO 70万国博覧会は私が7歳の時に行われました。

 

 

親に頼んで7回会場に足を運びましたが、アメリカ館とソ連館には一度づつしか入場できませんでした。

それでも、月の石を観た時は子供心に胸がはずみ、興奮したことを今でも覚えています。

 

 

 

あの時感じた興奮や感激を子孫にも感じて欲しいと思っていたので、今回の決定には私ごとのように年甲斐もなくはしゃいでしまいました。

2025年の大阪万博には、20代になった息子たちやその孫たちも連れて行こうと思います。

 

若い世代が何かを感じて、大人になった時にこの感激は必ず人生の大きな力になると信じています。

 

2025万博は国策として将来の日本人の為にも、必ず成功して欲しいと思います。

 

 

 

EXPO70の時、俺は小学生だった。

学校からも行き、家族でも何度か訪れ、俺にとってのテーマパークの基準はEXPO70なのだ。

それより上か下か。

米国にいる時にディズニーもユニバーサルスタジオもサンディエゴの動物園も行った。

もちろん日本国内のテーマパークもね。

でもまだあのEXPO70を超える感動には巡り合っていない。

あれは一体なんだったんだろう。

多分次の万博であれを超えるのは無理かもしれない。

何せ某企業が「当時のあれを今再現するのは無理」と言い「会社がへたりそうなぐらい金がかかった」と溜息をつくぐらい大変な代物だらけだった。

でもそれに近い何かをやって欲しいね。

何でもかんでも「無駄」と言ってしまう寂しい人間だらけになった日本で、これは一生の思い出になったと思わせてくれるような万博をして欲しい。

無駄も時には必要だと思える潤いのある人に子供がなって欲しいから。

 

喜ぶのはいいですが、資金や施設、土地問題でトラブルが起きて東京オリンピックの二の舞にならないでほしいですね。

 

 

などがあります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は大阪万博2025が決まって大阪では大賑わいだったそうですね。

 

2018年は本当に災害に苦しめられた西日本ですからぜひこの機会に復興して一気に日本が元気づいていってほしいですよね。

 

あなたにおすすめの記事はこちらです。

山田基裕(千葉県八街市)の妻の画像は?風呂場で切断してリフォームで証拠隠蔽!真相がヤバすぎる!

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
噂と裏情報の極み

コメント