ねむきゅんが卒業、引退する理由は性格の問題?インスタやメイク画像がヤバすぎる

芸能
スポンサーリンク

 

アイドルグループのでんぱ組.incの夢眠ねむさんが13日に自身のtwitterで来年1月7日の東京、日本武道館の公演をもってグループを卒業する事を報告し、3月末に芸能界を引退する事を発表しました。

 

ではなぜねむきゅんは芸能界を卒業、引退する理由は何なのでしょうか?

 

やはり性格の問題なのでしょうか?

 

今回はねむきゅんのでんぱ組を卒業し、芸能活動を引退する理由や性格、インタやメイク画像について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ねむきゅんのプロフィール

ねむきゅんのプロフィールはコチラになります。

 

名前:夢眠ねむ(ゆめみねむ)

別名義:DJねむきゅん

愛称:ねむきゅん

生年月日:7月14日

年齢:不詳

出身地:三重県

身長:170㎝

体重:不詳

血液型:B型

出身大学:多摩美術大学、情報デザイン学科

 

となっています。

 

ねむきゅんはモデルをやっているだけあってすらっとした体型でルックスもかなりよかったのに芸能界引退なんて本当にもったいないですよね。

 

ねむきゅんの公式では年齢が不詳となっていましたが現在は28歳が有力でした。

スポンサーリンク

ねむきゅんのメイク画像が衝撃的

 

ねむきゅんの公式ブログの夢眠ねむのユメミる世界日記の中にある「夢眠合歓の顔の作り方2016」という記事ではとても細かくメイク術が載っていました。

 

その画像を紹介していきます。

 


公式ブログから引用

 

ここまでメイク術を細かく書いているアイドルは中々いないですよね。

 

相当メイク術を研究されていますよね。

 

オタクの底力って本当にすごいですね。

 

では実際にねむきゅんのInstagramを見ていきましょう。

 

ねむきゅんのInstagramは?

 

こちらがねむきゅんのInstagramになります。

 

 

View this post on Instagram

 

二丁目の魁カミングアウト 白鳥白鳥生誕祭に遊びに行ったよ。 めちゃくちゃよかった〜! いつもより歯が出てしまった。 ・ 4人全員の力がガッツリ底上げされててびっくり。 見ていて不安がなくてエンタメで、この一年のハードスケジュールで得たものはすごくて、場数と経験は裏切らないな…と改めて。 ねむばあちゃんだから頑張ったねぇ、という気持ちで感動してました。おなカマのみなさんも最高… あと水飲まなさすぎてびびる。 ・ ミキちゃんのは静止画だと思ってたら途中から動画だったし恥ずかしかった。ありがとう😂 ・ 夢眠祭にも出てくれることが決まっております。気になるけどまだ単独行けてない、て方はこれを機に是非に!

nemu yumemiさん(@nemuqn)がシェアした投稿 –

 

めちゃくちゃ可愛いですよね。

 

さすがオタクアイドルって感じがします。

 

女の子ぽい感じがします。

 

私にはとても・・・汗

 

ではねむきゅんが芸能界を引退する理由は何なのでしょうか?

 

ねむきゅんが芸能界引退する理由は?

 

ねむきゅんのtwitterには芸能界を引退する理由と思われるのが手紙に記載されていました。

 

 

『アイドルに向いていない』と公言していたこんな私が10年もアイドルとしてかけがえのない時間を過ごすことができたのは応援してくれた皆様のおかげです」と感謝し「みんなでたくさんの夢を叶えて、素晴らしい景色を見れたこと。これからもずっと忘れません。残り1日1日を大切に、アイドル最後の日まで全力で頑張りますのでよろしくお願い致します!」とメッセージした。

ライブドアニュースから引用

 

でんぱ組は不仲説などいろいろありますがきっと性格がアイドルに合わなかったのでしょう。

 

メイク術も研究熱心ですし、何かに没頭したいと思ったのかもしれませんね。

 

ねむきゅんが引退した時のネットでの声は?

 

ねむきゅんが引退した時のネットでの声はコチラになります。

 

 

ねむきゅんファンからの悲しい叫び声が聞こえますね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はねむきゅんが引退する理由やメイク術、インスタ画像について紹介してきました。

 

きっとねむきゅんは本当にオタク気質で何かに没頭したいためにアイドルを辞めたのか、結婚願望があったのかもしれませんね。

 

また詳細情報が分かりましたら追記していきます。

 

あなたにおすすめの記事はコチラです。

鈴木プリシラの顔画像(三宅健の彼女)や経歴やインスタは?熱愛画像やスピード結婚か?

芸能
スポンサーリンク
噂と裏情報の極み

コメント