芸能人年収

宮根誠司の年収やギャラがヤバすぎる!妻や子供と別居した理由!隠し子に1円も払わず謝罪文章も気になる!

投稿日:

Pocket

現在は「ミヤネ屋」や「Mr.サンデー」の司会で昼の顔となって大活躍している宮根誠司さん。

 

宮根誠司さんは実は元朝日放送のアナウンサーでしたが2004年からフリーアナウンサーとして転身し、2006年には「情報ライブ ミヤネ屋」が帯番組としてリニューアルされて全国区のアナウンサーとしても人気があります。

 

そんな宮根誠司さんの家族や恋人、年収などプライベートな情報を知っている人は少ないのではないのでしょうか?

 

今回は宮根誠司さんの年収や妻や子供、隠し子の存在を調べていきます。

宮根誠司ってどんな人?

 

まずは宮根誠司さんのプロフィールから見ていきましょう。

宮根誠司のプロフィール

名前:宮根誠司(みやねせいじ)

生年月日:1963年4月27日

出身地:島根県大田市

身長:173㎝

血液型:B型

学歴:関西大学経済学部卒

 

となっています。

 

宮根誠司さんは地元の高校を卒業してから関西大学経済学部へと進学しています。

 

そして元々アナウンサーを志してはいなかったのですが何気なく応募した朝日放送に合格したためにそのまま入社することになったそうです。

 

元々トークは上手だったようで採用の面接が決まったのもトーク力があったからだったんですね。

 

ですが新人時代の頃はアナウンサーの基礎知識が全くなかったためにひたすらニュース原稿を読み続けていたそうですね。

 

また宮根誠司さんはアナウンサーをやめようと思ったこともあったそうですよ。

 

同番組で新人アナが代役として登場するのは初めてのこと。

 

「今日はなにもしてません」と反省の弁を述べた中村アナに対して、宮根は「まずお腹から声が出ているのが素晴らしい。

 

普通(の新人)だったら緊張して、なかなか出ないもの」と絶賛。

 

そして、「まだ入社半年でしょ?

 

僕なんかぼろぼろでしたから、『もう無理だ』と思って、辞めようと思ってましたから」と、自身の新人時代と比べながら中村アナの健闘を称えた。

Lmaga.jpから引用

 

そんなにボロボロでも宮根誠司さんは1990年の4月から情報番組「おはよう朝日」のサブキャスターを担当し、1994年の4月からはメインキャスターとして昇格しています。

 

また2004年からはフリーアナウンサーになっても同番組の司会を続けて2010年3月26日に降板し、2006年7月31日以降は「情報ライブミヤネ屋」で全国区になったのはそれほどアナウンサーとしての才能があったからなんでしょうね。

 

また川田裕美さんとの名コンビは2011年の4月4日からスタートしました。

 

宮根誠司の年収やギャラがヤバすぎる!

 

毎日のようにテレビに出ている宮根誠司さんですが実際に年収やギャラはどのくらい貰っているのでしょうか?

 

宮根誠司さんが司会を務めている「ミヤネ屋」の1本のギャラは120万円と言われており、月~金曜の5日間で600万円の収入となります。

 

一般人や普通のアナウンサーとは桁違いですよね!

 

また「Mr.サンデー」のギャラは1本200万円と言われており、宮根誠司さんはレギュラー番組だけで週に800万円を稼いでいるそうです。

 

つまり、単純計算しても一ヶ月で3200万円となって一年では3億8400万円という計算になります。

 

さらにそれ以外でも他の番組に出演されているのもあり、推定年収は4億円以上と言われているそうです。

 

年収4億円!!

 

恐ろしいですね。

 

普通に税金を払っても手元に2億円が残るってことですからね。

 

だから売れているアナウンサーはフリーアナウンサーになりたがるのでしょうね。

 

給料が全く違いますから。

 

ですがやはり本人の実力が無ければ、いくら番組を持ったところですぐに終わってしまうか降板させられてしまうのでここまで番組が発展しているのは宮根誠司さんの努力や才能のおかげですね。

 

 

 

宮根誠司の離婚した嫁や子供は?

では宮根誠司さんのお嫁さんはどのような方なのでしょうか?

 

現在の宮根誠司のお嫁さんは出版社に勤めている一般の女性の方で子供は娘さんが1人いるそうです。

 

ですが宮根誠司さんの結婚歴を調べてみるととんでもない情報が見つかりました。

 

宮根誠司の結婚歴まとめ

・1993年:モデル(イラストレーター・黒田征太郎氏の娘)と結婚し、子供を2人授かる。現在の妻(出版社勤務)と知り合って交際(不倫関係)

 

・2004年7月:子供を2人とも嫁にお石付けて離婚、夜のお店で愛人と知り合い、交際関係(二股で愛人は二股の事実を知らない)

 

・2006年8月15日:現妻と入籍(公表せずに愛人に結婚を隠す為だった可能性)

 

・2007年4月:愛人が妊娠!現在の妻、宮根の二股と不倫の経緯をこの時初めて知る

 

・2008年2月:愛人が女の子を出産

 

・2008年11月:再婚していることを発表

 

・2011年4~5月:現妻が出産し同時期(4月)愛人の店と思われるカジノバーで宮根の誕生パーティー

 

・2012年1月:女児隠し子報道

となっています。

 

宮根誠司さんには長年付き合ってきたA子さんという愛人がいるそうで3歳になるお子さんまでいるという情報が「女性セブン」の記事で報じられました。

 

「A子さんと知り合ったのは6~7年前のことです。彼女は当時、夜のお店の接客スタッフとして大阪・北新地で働いていて、はじめはホステスと単なるお客という間柄でした。(中略)そのうち男女の関係になって、彼女の家にも行くようになりました」

 

「07年の春ごろでした。ちょうど仕事が終わって夕方ぐらいに、ひさびさにA子さんから電話があって…。単刀直入に『子供ができた』といわれました。(中略)そのとき、ぼくが一瞬でも悩まなかったかといったら、嘘になると思います。正直、『困ったな…』とも思いました。だけど、尊い命が、すでに彼女のお腹の中にいると思ったら、ぼくがそれを奪ってええんかって考えて…」(宮根)

引用:全文表示 | 宮根誠司できた女房「隠し子」にも「中絶しなくて正解や。ちゃんとやりなさい」 : J-CASTテレビウォッチ

 

やはりお金持ちの方は少し外れていますよね。

 

一般のサラリーマンとして人生を歩んでいたのならばこのような事は絶対にないでしょう。

 

それでも言い訳をせずにこの報道を素直に認めて謝罪する宮根誠二さんは素晴らしいですね。

 

宮根誠二の隠し子の謝罪文は?

 

この報道に対して宮根誠二さんはこのような謝罪文章を送っています。

 

宮根誠二謝罪文章

「本当にごめんなさい。自己保身と言われてもしょうがないですけど君の事は本当に好きでした。

 

彼女と付き合って何年かしてキミが僕の前に現れました。

 

僕は君事(ママ)が好きになりました。

 

只結婚は考えていませんでいた。

 

只只君を応援しなければ、いつか君を新地でトップにすると張り切っていました。

 

それは信じてください。

 

籍の事は君との関係を失いたくなくていえませんでした。

 

本当に好きでした。僕はこれから償いたいそして頑張ります。

 

彼女の人生もあります。君の人生もあります。一生かけてどんな事しても償います。

 

<籍の事は君との関係を失いたくていえませんでした>」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-10000022-bunshuns-ent

 

と話しています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事についてまとめてみましょう。

 

この記事をザっと復習

宮根誠二の年収は約4億円

宮根誠二には隠し子がおり、炎上するが奥さんと和解

年収4億円あるが仕事を貰うために色々な所に投資をしている

 

やはり年収4億円を稼ぐとお金の感覚や恋愛の感覚もおかしくなってしまうんでしょうか。

 

ですが宮根誠司さんは仕事をもらうためにスタッフや後援者にお金を使っており、すった不全員を連れての一泊二日の慰安旅行をやったり、ゴルフや観光、エステなど人の為にお金を使っているそうです。

 

今回の隠し子の報道などは真相は闇の中という状態の為に何が本当なのかどうかは分かりません。

 

ですが現在も両家の子供を養っており、奥さんとのもめごともないとなると火元は消えたのではないのでしょうか?

 

これからも宮根誠司さんにはがっつり活躍して稼いでいってほしいですね。

-芸能人年収

Copyright© カミングアウト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.