【熊本西高校野球部員】篠田大志が頭部に死球で亡くなった原因がヤバイ!学校の対応や練習方法は?

ニュース
スポンサーリンク

熊本市の高校で硬式野球部の練習試合中に頭にデッドボールを受けて篠田大志さんが亡くなりました。

 

今回は篠田大志が亡くなった原因や学校の対応、練習方法について調べていきます。

 

スポンサーリンク

篠田大志(熊本西高校野球部)が亡くなった事故の詳細は?

 

篠田大志さんが所属している熊本西高校野球部は18日の午後1時40分ごろに熊本西高校のグランドで他校と練習試合をしていて頭部に死球を受けて救急車に病院で搬送されたそうです。

 

 熊本市の高校で、硬式野球部の練習試合中に頭にデッドボールを受けた選手が死亡しました。

 

死亡したのは、県立熊本西高校の2年生で硬式野球部の篠田大志さん(16)です。警察などによりますと、篠田さんは18日午後1時半ごろ、練習試合中に投球を頭に受けました。

 

 「篠田さんはピッチャーが投げたボールが頭に当たった後、『痛い』と言葉を発し、その場に倒れたということです」(記者)

 

 打席でうずくまった篠田さんは、そのまま意識をなくし、病院に運ばれましたが、19日朝になって死亡しました。篠田さんはヘルメットをかぶっていて、救急隊が到着するまでの8分間は学校関係者や保護者が処置にあたったということです。

 

 熊本西高校はこの秋、県大会で準優勝し、九州大会でベスト8に入った強豪です。

TBSニュースから引用

 

では実際に熊本西高校野球部の練習方法や試合などを動画で見ていきましょう。

スポンサーリンク

篠田大志が所属している熊本西高校野球部の成績は?

 

こちらが熊本西VS熊本工の試合の動画になります。

 

 

熊本西高校野球部は第143回九州地区高等学校野球熊本大会に出場し、10月2日に準々決勝で菊池高校に競り勝って37年ぶりの2回目のベスト4入りを果たしました。

 

そして10月7日の準決勝で熊本工業高校に競り勝ち、創部43年目にして初めての九州大会の切符を手に入れることができて決勝戦では負けてしまいましたが準優勝という成績で大会を終えています。

 

大谷選手よりも速球を投げる高校1年生で最速記録を持つ伊藤拓郎さんの記事はこちらです。

伊藤拓郎の現在は?プロ引退?帝京時代の動画や大谷翔平VS伊藤拓郎の動画あり!

 

篠田大志(熊本西高校野球部)の対応や応急処置は?

 

篠田大志さんは頭に死球を受けてから意識がもうろうとしており、監督、部長、顧問教員の3人が事故直後に自動体外式除細動器(AED)を使って救命措置をとったそうで、北原政典副校長は「安全対策をした上で、事故後の対応もきちんと行った」と話しています。

 

19日夕に全校集会を開き、事故について生徒に伝えたそうです。

ネットの声

 

こちらがネットの声になります。

 

ご冥福をお祈りします。
としか言えない。

事故だしね。
本当にご冥福をお祈りします。

 

 

亡くなられた選手はもちろん、当ててしまった投手も可哀想。ご冥福を祈ります。

 

 

スポーツである以上 不幸な、不運な事故だっとしか言いようがない。

ご冥福をお祈りいたします。

 

【熊本西高校野球部員】篠田大志が頭部に死球で亡くなった原因がヤバイ!学校の対応や練習方法は?

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回篠田大志さんが亡くなった事故で熊本西高校野球や学校の対応について調べてきまいs多。

 

事故直業にAEDを使って救命措置を行ったという事は使い方を知っていたという事ですね。

 

また副校長から19日の夕方に全校集会を開いて事故について生徒に伝えていましたね。

 

本当にこういった事故があるト悲しくなります。

 

これから21世紀枠出場の推薦の声があったのでかなり残念です。

 

その分、来春は甲子園で活躍している姿を見せて欲しいですね。

篠田大志の顔画像やtwitter、インスタグラムは?熊本西高校野球部で頭部に死球で亡くなった真相がヤバイ!

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
噂と裏情報の極み

コメント