乃木坂46

北川悠理のAKBドラフトの辞退理由は?父親が北川直樹(ソニーの副社長)で慶応出身のお嬢様って本当!?

投稿日:

Pocket

坂道合同オーディション豪学者で乃木坂46の4期生に見事合格された北川悠理さん。

 

そんな北川悠理さんは実はAKBのドラフトの辞退の経歴があり、父親がなんとソニーの副社長である北川直樹さんで慶応出身という話題性あふれる方だったんですね。

 

今回は北川悠理さんのプロフィールや実際に辞退理由や慶応出身でコネ入学したのが本当なのかについて調べていきます。

 

北川悠理のプロフィール

 

 

まずは北川悠理さんのプロフィールを見ていきましょう。

 

北川悠理のプロフィール
名前:北川悠理(きたがわゆり)生年月日:2001年8月8日年齢:17歳出身地:カリフォルニア州血液型:不明

身長:163㎝

所属グループ:乃木坂46

趣味:食べること、お料理、お散歩、お絵かき

好きなモノ:りぼん、ぬいぐるみ

特技:マンドリン(楽器)、しりとり

 

となっています。

 

北川悠理さんは17歳の高校2年生で坂道合同オーディションに応募したエントリーナンバーは59番でした。

 

SHOWROOMではふわふわ~とした喋りでふわふわの物が好きだったという事で「ふわちゃん」と呼ばれていました。

 

北川悠理さんはアメリカで生まれて帰国子女なので英語がペラペラです。

 

マンドリンが特技であるのも恐らくこの環境の影響が強いでしょう。

 

また海外ライブも積極的に行っている乃木坂46にとっては将来有望な4期生ですね。

 

北川悠理はAKB48グループドラフト会議の候補生

 

 

また北川悠理さんは第3回AKBグループドラフト会議の候補生だった過去もあります。

 

北川悠理さんはAKB48のteamBへの加入を希望しており、見事希望していたteamBから指名を受けて交渉成立し、普通なら何も問題なくAKB48のメンバーとして加入できたのにも関わらず、それを辞退しています。

 

北川悠理がAKB48を辞退した理由は?

 

北川悠理さんがAKB48のメンバーとしての活動を辞退した理由は分かりませんが、坂道合同オーディションのショールーム配信の中でアイドルになる事を親が反対していたそうです。

 

なので北川悠理さんがAKB48のドラフト交渉成立後の活動辞退からの坂道合同オーディション参加というのは家庭の事情で事態をしてしまったかもしれませんね。

 

北川悠理の高校は慶應女子って本当?

 

 

View this post on Instagram

 

#乃木坂4期生 #北川悠理

みんさん(@tomohikosuzuki)がシェアした投稿 -

 

北川悠理さんの高校を調べてみたらなんと慶応女子高校という噂が浮上しました。

 

慶女は偏差値77で前項の女子高トップクラスの偏差値を誇る高校であり、慶応大学の付属高校としては唯一の女子高だそうです。

 

つまり北川悠理さんは相当なお金持ちという事が分かります。

 

実際にツイッターでも話題になっていますね。

 

 

実際に北川悠理さんの家族構成が気になる事もあり、調べてみました。

 

北川悠理の父親は北川直樹(ソニー副社長)でコネ採用?

 

北川悠理さんの父親は北川直樹さんという方で日本を代表する実業家でソニーの副社長に現在は就任しています。

 

なので北川悠理さんが乃木坂に合格したのはコネ採用の可能性もあると話題になっています。

 

 

もしこの話が本当ならば北川悠理さんがお金持ちであり、慶応女子高に通って帰国子女という理由もうなずけますね。

 

北川悠理のSHOWROOM動画

 

では最後に北川悠理さんの動画を紹介します。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は北川悠理さんの高校や帰国子女の理由、お金持ちなのかどうかについて調べてきました。

 

北川悠理さんがソニー副社長の娘さんんだとしたら相当なお金持ちですし、これから話題性が高まりますよね。

 

それにしても乃木坂46の4期生は高学歴な子が多くて驚きます。

 

もしかしたらこれからクイズ番組や東大王なのでみられる機会もあるかもしれませんね。

 

今後の活躍が楽しみです。

[ad]

-乃木坂46

Copyright© カミングアウト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.