女子フィギュアスケート

紀平梨花グランプリファイナルやフリーの動画や得点は?海外の反応も素晴らしい!

投稿日:

Pocket

紀平梨花さんがシニア1年目にしてグランプリファイナルで優勝をしました。

 

シニア1年目で優勝を果たしたのは浅田真央さん以来の13年ぶりの快挙となっており、日本だけではなくて海外でも話題となっています。

 

またライバルであるロシアのザギトワ選手も「スゴイと思う」とコメントを残しています。

 

今回は紀平梨花さんグランプリファイナルやフリーの動画や得点、そして海外の反応についてみていきたいと思います。

 

紀平梨花がグランプリファイナルで優勝

 

フィギュアスケートのグランプリシリーズ上位6人で競うグランプリファイナル第3日は8日にカナダのバンクーバーで女子フリーが行われ、ショートプログラム首位の若干16歳出る紀平梨花さんがトリクルアクセルジャンプを着氷し、150.61点で1位となり、合計233.12点で初出場、初優勝を飾りました。

 

紀平梨花さんは「ファイナル優勝は考えていなかった。大舞台で思い切って滑れてうれしい」と語りました。

 

また紀平梨花さんはこのようにコメントしています。

 

 紀平は「今の時点で自分のやってきたことを出せたので自信になった。この結果がプレッシャーになることはないと思うし、また頑張ろうという気持ちになると思う。プレッシャーじゃなくて自信になる」と今後につながる優勝になるとコメント。さらに冷静にリカバリーしたことについても「トリプルアクセルを立て直すことができて、終わった後は本当にうれしい気持ちでした」と心境を語った。

デイリーから引用

 

きっと多くの人は「ザギトワが優勝するかと思った。」、「紀平梨花ってそんなに実力があったの?」と驚きを隠せないと思います。

 

では実際に紀平梨花さんのグランプリファイナル2018のフリーの動画や特典を見ていきましょう。

 

紀平梨花さんのGPファイナルのフリープログラムの演技の動画がこちらになります。

 

 

曲はJennifer Thomas(ジェニファー・トーマス)の「Beatiful Storm」となっています。

 

動画をご覧になれば分かりますが初出場のプレッシャーや緊張を一切感じさせない繊細な動きや伸びのある演技になっていますよね。

 

また姿勢や滑りがしっかりとしており、スピードもピカイチとなっています。

 

そしてショートプログラムの動画がこちらになります。

 

 

得点としては

 

SPが82.51点(技術点:47.36、演技構成点:35.15)

Fpが150.61点(技術点:78.21、演技構成点72.40)

 

総合得点:233.12(総合自己ベスト更新)

 

となっています。

 

では紀平梨花さんの演技に関してネットでの声を見ていきましょう。

[ad]

紀平梨花の演技でのネットの声は?

 

こちらがネットの声になります。

 

 

となっています。

 

更に海外でも称賛の声が相次いでいます。

 

2.紀平梨花の海外の反応は?

 

では1つずつ紀平梨花さんがグランプリ優勝した時の海外の反応を見ていきましょう。

 

紀平梨花の海外の反応(ロシア)

 

ロシアでは紀平梨花さんが優勝したことについてスポルトエクスプレスでこのような記事を掲載していました。

 

キヒラが襲った
・「彼女は信じられないぐらい複雑なプログラムを滑りそれを実行できれば相手にほとんどのチャンスはない。トリプルアクセルはすべてを打ち負かす」

・「私たちはこの対決待っていた。ザギトワ対紀平梨花。フリーはさらに面白くなる」

 

と紀平梨花さんのトリプルアクセルを称賛したうえでフリーでの巻き返しを期待していました。

 

紀平梨花がグランプリを取った時のロシアの反応

 

紀平梨花さんがグランプリを撮った時にロシアのスポルト・エクスプレス紙はこのように答えています。

 

「ザギトワが王位を驚異の日本人に譲る」との見出しで報じ、初優勝した紀平梨花(関大KFSC)をたたえた。

 

 同紙は「紀平は演技構成は五輪女王とほぼ同等、技術では先んじている」と指摘し、ザギトワが紀平を打ち破るのは難しいと評した。浅田真央さんを指導したロシア人コーチのタチアナ・タラソワ氏は「軽快に素晴らしい滑りを見せて、ザギトワをはるかに上回った」とテレビでコメントした。

KYODOから引用

 

このように完全に実力で勝ったことをほめたたえています。

 

紀平梨花がグランプリを取った時のアメリカの反応

 

アメリカでは紀平梨花さんがグランプリを撮った時にこのように答えています。

 

「アリーナ全体が、リカ・キヒラという存在がそこに実在しているのか、その目撃者となっているのかどうかわからなくなっていたようにすら思える。皆がそのように感じたはずだ。『彼女の存在は現実なのか?』と。だが、彼女の答えはこうだ。『はい。私は確かにここにいます』」

THE ANSERから引用

 

「日本のリカ・キヒラがバンクーバーGPファイナルでショーの主役を盗んだ。ロシアのアリーナ・ザギトワとエリザベータ・トゥクタミシェワの上位でフィニッシュした」

THE ANSERから引用

 

実力で勝利したことを称賛していますね。

 

まさかの紀平梨花さんの優勝に各国のメディアが奇才というくらい絶賛していることが分かります。

 

またザギトワさんは紀平梨花さんにこのようにコメントしていました。

 

紀平梨花に対するザギトワのコメント

 

では紀平梨花さんに対するザギトワ選手のコメントを見ていきましょう。

 

紀平梨花さんに対してザギトワ選手はこのようにコメントしています。

 

「私がまだジュニアで滑っていた時、トリプルアクセルを跳ぶキヒラとともに試合で演技していました。もちろん凄いと思うし、彼女は私が成長するよう刺激を与えてくれている」

THE ANSWERから引用

 

記事では「またザギトワはフィギュアスケートの女子シングルの上位選手たちは五輪シーズンの後、レベルが落ちていないと語っている」として女王のコメントを紹介。「平昌五輪後、フィギュアスケートの女子シングルのレベルは下がっていません、その逆で上がってさえいます」と強調しているという。

THE ANSWERから引用

 

このように紀平梨花さんをザギトワ選手は絶賛していたんですね。

 

まとめ

 

今回、紀平梨花さんがザギトワ選手に勝ち越して優勝を果たしてかなり話題として盛り上がっています。

 

確かにこれまでの女子フィギュアスケートでの日本勢は低迷していたことがあり、これがきっかけでまた真央ちゃんブームのような盛り上がりを見せてくれることは間違いありません。

 

また2022年のオリンピックに向けて、ザギトワ選手と紀平梨花さんの戦いはまだまだこれから続いていき、お互い成長していくでしょう。

[ad]

-女子フィギュアスケート

Copyright© カミングアウト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.