カルロス・ゴーン(日産会長)が逮捕!理由や日産の今後は?

ニュース
スポンサーリンク

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が自らの報酬を過少に申告したとして東京地検特捜部が19日の夕方に金入商品取引法違反で逮捕されました。

 

今回はカルロス・ゴーン会長の逮捕の理由の真相や日産の今後について調べていきます。

 

スポンサーリンク

カルロス・ゴーン(日産会長)を逮捕

 

 日産自動車(本社・横浜市)のカルロス・ゴーン会長(64)が自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして、東京地検特捜部が19日夕、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑でゴーン氏を任意同行したことがわかった。事情聴取し、容疑が固まり次第、逮捕する方針。過少申告した金額は億単位にのぼるとみられる。

 

 ゴーン氏は、経営危機に陥った日産にルノーから派遣され、1999年に最高執行責任者(COO)、2000年に社長に就任。01年6月から社長兼CEOとなり、日産の再建を進めた。05年にはルノー社長にも就いた。16年には、燃費不正問題の発覚をきっかけとした三菱自動車との提携を主導し、16年12月に三菱自会長に就任した。

朝日新聞から引用

 

スポンサーリンク

カルロス・ゴーン(日産会長)のプロフィール

では実際にカルロス・ゴーン会長のプロフィールをみていきましょう。

 

名前:カルロス・ゴーン

生年月日:1954年3月9日

職業:日産自動車の会長、三菱自動車工業の会長

出身市:ブラジルのレバノン

 

カルロス・ゴーンさんは大学卒業後に1978年に欧州最大のタイヤメーカーのミシュランに入社し、フランス国内工場長、産業用タイヤ部門の研究開発ヘッドを歴任しました。

 

歴任の時に30歳の時に3億ドルの市場を持つ南米ミシュランの最高執行責任者に任命されて1999年にルノーと日産ビルに資本提携が行われた後に日産の最高執行責任者に就任しました。

 

ルノーと日産の合併は本当に実現する

 

今、現状で将来の日産の独立性を問う問題が生じており、ルノーとの資本関係の見直し問題に集中しているのが現状です。

 

日産とルノーの関係は90年代後半に日産の経営が有利子負債2兆円を抱えて大幅に悪化し、当時の社長はがいsちとの提携を求めてフォードやダイムラーとの提携を模索しましたが結果的にルノーとの資本提携を決めてルノーの出資を受けての傘下入りをしているのが現状です。

 

その中でルノーと兼任をしているカルロス・ゴーン会長が捕まり、大きく世界経済が動く気がしてなりません。

 

ネットの声は?

 

こちらがネットの声になります。

 

 

カルロス・ゴーン(日産会長)が逮捕!理由や日産の今後は?まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

カルロス・ゴーン氏は経営危機に陥った日産にルノーから派遣されて1999年に最高執行責任者、2000年に社長に就任し2001年6月から社長兼CEOとなり、日産の再建を進めてきました。

 

どうしてこのような事態になってしまったのかとても気になりますね。

 

また詳細情報が分かりましたら追記していきます。

篠田大志の顔画像やtwitter、インスタグラムは?熊本西高校野球部で頭部に死球で亡くなった真相がヤバイ!

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
噂と裏情報の極み

コメント