門間裕士を逮捕!顔画像やSNSアカウントは?衝突事故の真相が驚愕

ニュース
スポンサーリンク

東京都練馬区で自動車を運搬するキャリアカーに軽自動車が突っ込み、男性が一人亡くなりました。

 

容疑者は門間裕士であり、今回は逮捕された理由、真相や顔画像などを紹介していきます。



スポンサーリンク

門間裕士容疑者が逮捕された事件の詳細

 

まずは門間裕士容疑者が起こした事件の真相について調べていきます。

 

路上にとまったキャリアカー。荷台にある軽自動車は、元々積まれていたものではなく、後ろから突っ込んできたものだ。

 

警視庁によると11日午前4時過ぎ、練馬区の青梅街道で停車中のキャリアカーに軽自動車が突っ込む事故があった。この事故で、キャリアカーで作業中だった高田玲さんが軽自動車の下敷きになり、死亡した。

 

軽自動車の運転手で、過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕された門間裕士容疑者は、調べに対し、「居眠り運転をしていた」と供述していて、警視庁は容疑を過失運転致死に切り替えて調べる方針。

日テレニュースから引用

 

ちょうどその時に作業をしていた高田玲さんが軽自動車の下敷きとなってしまいました。

 

事件になった理由として門間裕士容疑者は「居眠り運転をしていたから」と話しているそうです。

 

なぜ居眠り運転をしてしまったのか、どうしてこのような事件が起こったのか、また詳しく報道されましたら追記でお伝えしていきます。

 

もしかしたら過酷な労働条件を課している会社側の労働環境が悪いかもしれませんからね。

 

では門間裕士容疑者のプロフィールについてみていきましょう。



門間裕士容疑者のプロフィール

 

門間裕士容疑者はどういう人物だったのでしょうか?

 

名前:門間裕士

年齢:22歳

職業:会社員(自動車運搬)

 

となっています。

 

若干22歳でももう大人ですよね。

 

こういった傷害罪を起こしてしまえば罪に問われて今までの人生とは全く違う別の人生を歩んでいきます。

 

そういったことにならないようにしっかりと安全運転などは気を付けたいですね。

 

門間裕士容疑者の顔画像は?

 

では門間裕士容疑者はどのような顔をしているのでしょうか?

 

NNNから引用

 

普通の青年なのですがこういった事件を起こしてしまうんですね。

 

実際にFacebookのアカウントでも門間裕士容疑者を調べてみましたが特定することが出来ませんでした。

Facebookの検索結果はこちら

 

また詳細情報が出ましたら追記でお伝えしていきます。

 

門間裕士容疑者が起こした事件現場は?

 

門間裕士容疑者が起こした事件現場は東京と練馬区の青梅街道と報道されています。

 

 

この辺りは建物が多くて視界もわるく、事故や事件になる可能性が高い道路ですよね。

 

門間裕士容疑者が起こした事件のネットの声は?

 

では門間裕士容疑者が起こした事件に関してネットでの反応はどのようなものなのでしょうか?

 

「やはりな、危険だと感じていたんだ

事故車など不動車ならともかく、商売用の車を路上で作業するのはいかかがものかと思う

しかもナンバー無しのを路上でエンジンを掛け運転するのは違法だろうが

キャリアカースペースを確保していない店は、営業させない、認可しないことにするべき 」

 

「居眠り運転が悪いのは当たり前としても、路上でのキャリアカーって結構邪魔なのよね…。亡くなった人は仕事中で仕方ないとしても危険なところで仕事させてる責任が会社にもあると思う。

当たり前に一車線堂々と使って作業してる風景にも違和感が、運転手側としても注意して横を通るが、作業してる人達って結構強引に道路に出てるときもあるからもっと安全配慮が出きるようにしてもらわないとこの手の事故は無くならないよ。 」

 

「仕方ないとはいえ、一車線をほぼ占有しての荷下ろしは危険が高いと思う。気休めにしかならないかも知れないが、コーンを立てるなり、

警備員を配置するなど、何らかの策が必要と思う」

Yahoo!ニュースから引用

 

という声が上がっています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

若くても悪気が無くても事件を起こしてしまえば一発で罪に問われてしまいます。

 

そして自分のやりたいこと、将来の家庭、理想のライフスタイルのために頑張っていても全て消えてしまうのです。

 

なので運転する際はそういったことを考えて気を付けて安全運転を心がけていかなければいけませんね。

 

あなたにおすすめの記事はこちらです。

樋口憲を逮捕!コンビニ強盗未遂の動機を知って驚愕

ニュース
スポンサーリンク
噂と裏情報の極み

コメント